ご自宅で、本格派ピラティスレッスンを始めませんか?
maologo.jpg
パーソナルピラティストレーナー 鳥海真央が、
あなたのご自宅に出張レッスン。


ヘルニアや座骨神経痛など
リハビリを必要とする方へ

rihabiri.jpg

病院に行っても、整骨院に行っても良くならない痛みとしびれ。そのお悩み、ピラティスで解決できるかもしれません。

原因不明のしびれや痛みは、精神的にも肉体的にも辛いですよね。病院のリハビリ期間のあとに、どんな運動をしたらいいのか分からない。腰痛で腹筋しなさいと言われたけど、何からすればいいのか….

そんな方は是非1度、レッスンを受けてみてください。

特殊疾患リハビリピラティスの資格を取得し、交通事故の後遺症による首と腕のしびれを、自分でケアをしています。


なぜピラティスはリハビリにいいの?

近年、北米を中心にピラティスは、怪我の予防・病院でのリハビリ終了後のポストリハビリテーションとして非常に高い信頼を得ています。

ピラティスは解剖学に基づき研究され作られているので、病院でのリハビリととても似たエクササイズが多いです。

カラダに無理なく安全に、コアの筋肉を鍛え、関節の動きをなめらにできる数少ない運動療法のひとつなのです。


骨は、骨だけでカラダを支えらません。

残念ながら、骨はそれ単体でカラダを支えきることはできません。コアの筋肉が骨を支えています。
厚労省の発表によると、40歳を過ぎると、運動を全くしない人は年1パーセントづつ筋力が衰えていくと言われています。

年齢と共に落ちてしまう、骨を支える筋肉。これを優しく育て、鍛えていくのがピラティスなのです。


事実。悪い姿勢が、カラダの不調と怪我を引き起こしている。

腰痛、膝や股関節の痛み、首や肩の疾患、側湾症….。
カラダの不調・怪我は、原因を辿るとほとんどが『悪い姿勢・カラダの歪み』が原因です。

私たち、STOTT PILATES®のインストラクターは『人間のあるべき正しい姿勢』について、学習をしトレーニングを積んでおります。

『正しい姿勢』でエクササイズをし、痛みや怪我を引き起こしている根本の原因『姿勢と歪み』を正すこと。
これが痛みを改善し、再発の予防するポイントです。


効果はどのくらいで現れるのか?

早い方だと、整骨院でも改善しなかった痛みや痺れが、1回のレッスンでなくなる方も少なくありません。

それはクラスに『呼吸を用いた筋膜リリース・関節をゆるめほぐず』内容が盛り込まれているからです。
1日2万回もしている呼吸。しかし、この呼吸でカラダはこんなにも楽になり、痛みを軽減されるということにあなたも驚くことでしょう。

難しいことはしません、自宅で実践できることばかり。自分のカラダをケアする方法を知っていただくことが回復への何よりの近道です。


詳しくは、生徒さんの声をご覧ください。



どんな疾患に対応していますか?

脊柱/腰部・側湾症 脊柱管狭窄症 ヘルニア 座骨神経痛 すべり症 関節変形症 ぎっくり腰
肩・五十肩 四十肩 胸郭出口症候群 神経絞扼 インピンジメント症候群
首・頚椎ヘルニア 神経根痛症 変形性頚椎症 むち打ち
膝・変形性関節炎 半月板損傷 靭帯損傷
足・アキレス腱障害 扁平足 足底筋膜炎

症状の状態により、お断りをさせて頂く場合もございます。相談は無料ですので、まずはお気軽にお話をお聞かせくださいませ。


※持ち運びの出来ない、バランスボール等の小物が必要と判断した場合には、生徒さまに購入のご相談をさせて頂くこともございます。

※我々ピラティストレーナーは症状の改善、再発予防、悪化を防ぐための運動をご案内する立場におり、診断や、治療そのものを担うことはできません。